Xin vui lòng không tắt script để các hiệu ứng của website chạy tốt hơn. Xin cám ơn

 
Tra cứu:
Tên loại bài
Video Nihonjin shiranai Nihongo_ Part 12
Xem bản rút gọn
Hoàn thành:

Phụ đề: (click vào các dòng bên dưới)

Phút 0- Phút 5

1

  

(ジャック)

((金麗(きんれい)さんは フーゾク店で働かされるって言ってます))

 

2

  

(ハルコ)((金麗!))

(金麗)((ハルコ!))

 

3

  

((何やってんのよ!))

 

4

  

((みんなと一緒に

学校 卒業しよ))

 

5

  

(刑事)((警察だ!

おい 連行しろ))

 

6

  

((あたしの生徒に

触んないでよ!))

 

7

  

(刑事)((君!公務執行妨害で

逮捕するぞ!))

 

8

  

♪♪~

 

9

  

(鷹栖)パクられた挙げ句ブタ箱に1泊か!

 

10

  

ハルコ 悪くない!

わたしのため。

 

11

  

たとえ 生徒のだめだろうがな

学校の ためにはならん!

 

12

  

あ~ 鹿取先生

金麗を教室に連れてって。

 

13

  

(鹿取)はい。いきましょう。

 

14

  

あたしも あとで行くから。

心配しなくていいよ。

 

15

  

(池上)責任者は どなたですか?

 

16

  

あの 校長先生は

あいにく入院して…。

 

17

  

今は俺が責任者だ 池上。

 

18

  

鷹栖。

来ると思ってたよ。

 

19

  

鷹栖先生?

 

20

  

東京入国管理局だ。

 

21

  

(渋谷)入管に

同級生がいたのか…。

 

22

  

でも 法務省の人が

何で わざわざウチに?

 

23

  

金麗の方は 問題ないんだな?

 

24

  

ああ。取調べで

無実は証明されたし→

 

25

  

それに 水商売や風俗で

働いていたわけでもない。

 

26

  

ありがとうございます。

 

27

  

問題は 君だ。

 

28

  

なあ 池上…。

この学校の教師が

逮捕されたのは事実だ。

 

29

  

今後 ここに入学を希望している

外国人留学生の→

 

30

  

ビザの発給が停止される

可能性も 充分考えられる。

 

31

  

ビザの停止?

最悪 ここが潰れるってことだ。

 

32

  

♪♪~

 

33

  

状況が分かったら 連絡してくれ。

 

34

  

それはそうと

彼女は いつまでここに?

 

35

  

フッ…。

 

36

  

授業行くぞ!

はい。

 

37

  

わたしが辞めたら

この学校は 潰れずに済むの?

 

38

  

なにバカなこと言ってんだよ!

 

39

  

そうなんでしょ?あたしが

この学校辞めたら→

 

40

  

生徒達は ここで

勉強できるんでしょ?

 

41

  

卒業試験まで 時間ねえぞ。

 

42

  

ほら 行こう!

 

43

  

生徒達も 待ってますよ。

辞めます。

 

44

  

ハルコ先生…。

もうこれ以上

迷惑かけたくないし。

 

45

  

わたし 日本語教師辞めます。

 

46

  

♪♪~

 

47

  

(ジャック)

入国管理局が来たそうですね。

何の用だったのですか?

 

48

  

わたしのこと?

 

49

  

安心して。金麗の無実は

証明されたから。

 

50

  

(生徒達)あぁ…。

 

51

  

ハルコは 大丈夫だった?

 

52

  

大丈夫に決まってんじゃん!

 

53

  

(王)よかったよ~。

 

54

  

ハルコ 授業を始めて下さい。

 

55

  

どうしました?

 

56

  

いや…。みんな ここまで

勉強してきて どうだった?

 

57

  

ちょっとは 日本語のこと

好きになってくれた?

 

58

  

(ボブ)う~ん 難しいけど

嫌いじゃねえよ。

 

59

  

じゃあ 今日はみんなの好きな

日本語 教えて。

Phút 5- Phút 10

60

  

それでしたら 先日

みんなで発見しました。

 

61

  

日本には わたし達の国にはない

言葉が たくさんあります。

 

62

  

日本にしかない言葉ってこと?

 

63

  

はい。中でも わたしが

感銘を受けた日本語は→

 

64

  

「一期一会」です。

 

65

  

あ~ 千利休ね。

 

66

  

はい。出会いは一生に

一度限りという精神で→

 

67

  

最高の もてなしをする。

美しい日本語です。

 

68

  

そうだね。

 

69

  

わたしは「お帰り」っていう

言葉が好きだよ。

 

70

  

中国では「お帰り」って

言わないの?

 

71

  

決まった言い方は ない。

 

72

  

アパートに帰ると 大家さん「お帰り」

って いっつも言ってくれる。→

 

73

  

あたたかい日本語だよ。

 

74

  

(ダイアナ)わたしは「勿体ない」。

 

75

  

あ それ知ってる。

日本にしかない表現なんだよね。

 

76

  

モノを大切にする日本

素敵だと思います。

 

77

  

(エレーン)わたし

「お疲れさま」が好き。

 

78

  

エレーンは

「忍者」じゃないの?

 

79

  

「忍者」は スウェーデンでも通じるけど

「お疲れさま」は言わない。

 

80

  

「バイバイ」じゃなくて

「お疲れさま」。やさしい日本語。

 

81

  

そっか。

わたしは「指切り」。

 

82

  

指切り?

指切りに似た言葉なら→

 

83

  

中国にも あるよ~!

横から 口はさまないでよ!

 

84

  

(マリー)ハルコが好きな日本語は

何ですか?

 

85

  

(生徒達)教えて!

 

86

  

それより!今日は みんなに言って

おかなきゃ いけない事があんの。

 

87

  

実は…今日で

学校辞めることになりました。

 

88

  

辞める!?なんで?

 

89

  

高校教師の仕事が

見つかったのよ。

 

90

  

1日も早く来てくれって

もう お願いされちゃってさ~。

 

91

  

(ポール)それって冷たくねぇ?

 

92

  

しょうがないでしょ!

これが あたしの夢なんだから。

 

93

  

ほら あんた達も

学校早く卒業して→

 

94

  

自分の夢 叶えな。ねっ!

 

95

  

それじゃ!

 

96

  

≪何だよ!≫

戻ってきてよ!

 

97

  

≪裏切り者!≫

 

98

  

みんなのこと

よろしくお願いします。

 

99

  

職員室って

こんなに静かでしたっけ?

 

100

  

何か落ち着きませんね。

 

101

  

「る」の前が一文字の言葉と

第三グループは→

 

102

  

「お」プラス「なります」

つまり お書きになりますとか→

 

103

  

そういう風にならないって

覚えるんだ。分かったか?

 

104

  

どうした どうした どうした?

ここは一度習ったはずだろ?

 

105

  

分からない。

何が分からないんだ?金麗。

 

106

  

ハルコが何で辞めたか

分からない!

 

107

  

ハルコの話 するなよ。

 

108

  

ボブの強がり。

強がってねえよ!

 

109

  

あん!?座れ ボブ。

 

110

  

あいつはな もう

高校教師になったんだ。

 

111

  

ウソ!ハルコと約束した。→

 

112

  

みんなで卒業しようって

約束したもん。

 

113

  

なら 授業に集中しろ!

みんなで卒業するために。

 

114

  

それ みんなじゃない!

 

115

  

金麗さんは みんなの中にハルコも

含まれているって言ってるんです。

 

116

  

わたしも そう思います。

 

117

  

ハルコ 帰ってこねえのかよ!

 

118

  

≪そうだ!≫

≪ハルコ 返してよ!≫

 

119

  

(秋元)警察沙汰になったんじゃ

高校は紹介できないわよ。

 

120

  

教師は もういい。

日本語教師も 高校の教師も。

 

121

  

人にモノを教える

資格なんてないよ。

Phút 10- Phút 15

122

  

わたしは やっと親らしくなれたと

思ってたんだけどなぁ。

親らしく?

 

123

  

ねえ あの時のこと覚えてる?

 

124

  

((教師は 親も同然だと

わたしは思っております))

 

125

  

((心配かけたペナルティーとして

ボランティアに付き合ってもらうわよ))

 

126

  

((ボランティア?))

 

127

  

((本読んでくれて

ありがとう 先生!))

 

128

  

((先生?あたしが…))

 

129

  

あの時 あたしも

先生になれたらって思ってた。

 

130

  

それを こんなことぐらいで

諦められるの?

 

131

  

でも…。

 

132

  

教師に必要なのは

資格より想いよ。

 

133

  

あなたの 生徒達への想いは

もうなくなったの?

 

134

  

うん。

 

135

  

♪♪~

 

136

  

(ボブ)いらっしゃいませ!

 

137

  

ハルコ!

 

138

  

鷹栖先生!鷹栖先生!

 

139

  

あたしに何か用?

 

140

  

「何か用ですか?鷹栖先生」

でしょ。

 

141

  

あん。

 

142

  

学校に戻ってこい。

 

143

  

な~んてことは

死んでも言わねえぞ。

 

144

  

わかってますよ!

 

145

  

ってか もう何なの?

 

146

  

お前のクラスは変だ。

 

147

  

そもそも外国人ってのは

日本人に比べて→

 

148

  

個人主義なんだけど お前の

クラスだけは ミョーに違う。

 

149

  

どう違うの?

 

150

  

うん。俺も日本語教師やって

長いけど→

 

151

  

あんだけ結束力のあるクラス

見たのは初めてだ。

 

152

  

みんな お前と一緒に

卒業したがってんだよ。

 

153

  

わたしと?

 

154

  

(ボブ)「てぼ」持ってこいよ!

「てぼ」!

≪はい!≫

 

155

  

あ~ もう 違うだよ!

 

156

  

「てぼ」は これでしょ!

 

157

  

鍋使ったら すぐすすぐ!

 

158

  

ボブも頑張って 今じゃあ大将が留守のとき→

 

159

  

店任されるようになったんだなぁ。

 

160

  

前は あんな怒鳴られてたのに。

 

161

  

あいつを成長させたのは お前だ。

 

162

  

まっ 競馬で言うところの

ビギナーズラックだと思いますけどもねぇ。

 

163

  

それで あたしに

どうしろっていうのよ?

 

164

  

どうすりゃいいかは自分で考えろ。

 

165

  

あ ちょっ…伝票!

 

166

  

残りの給料

日割りにしといてやった。

 

167

  

それで払っとけ。

は?

 

168

  

ちょっ…これ あたしのお金!

 

169

  

♪♪~

 

170

  

は?

 

171

  

♪♪~

 

172

  

(鷹栖の声)みんな お前と一緒に

卒業したがってんだよ。→

 

173

  

どうすりゃいいかは

自分で考えろ。

 

174

  

あの~すみません。

区役所まで行きたいんですが→

 

175

  

道を教えていただけませんか?

 

176

  

あ 区役所でしたら

公園を出て真っ直ぐ西に向かっ…。

 

177

  

あ よろしければ

ご案内しましょうか?

 

178

  

いえ そこまでは。

 

179

  

いえ あたしでよかったら

構いませんよ。どうせ暇ですし。

 

180

  

あなた 見かけによらず

きれいな言葉 使うのね。

 

181

  

失礼だろ!すいません。

 

182

  

いえ 初めて言われました。

そんなこと。

Phút 15- Phút 20

183

  

親御さんに教わったの?

 

184

  

違います。

 

185

  

わたしに 日本語を

教えてくれたのは 外国人です。

 

186

  

わたしの初めての生徒達です。

 

187

  

♪♪~

 

188

  

渋谷先生

もう試験 始まりますよ。

 

189

  

まだだ。

まだだじゃなくて

もう行かないと。

 

190

  

(電話のベル)

 

191

  

もしもし?ハルコ先生!?

 

192

  

もう卒業試験 始まっちゃった?

 

193

  

それじゃ 今から…。

 

194

  

ハルコ先生から伝言!

(鹿取)みんな よく聞いて。

 

195

  

ハルコ先生も 今から

みんなと一緒にテストを受けます。

 

196

  

ハルコも!?

 

197

  

みんなで卒業しようって

言ってたぞ!

 

198

  

はい 集中!

よし はじめ!

 

199

  

♪♪~

 

200

  

((言葉だけ教えたって

身につかないでしょ!))

 

201

  

((慣れない日本で

生活してるんでしょ!))

 

202

  

((サバイバルなんでしょ!))

 

203

  

((すぐ すすぐ。

ボブ 頑張ってね!))

 

204

  

((ありがとうございました 先生))

 

205

  

♪♪~

 

206

  

((中途半端な日本語 教えたのは

そっちの方でしょ!))

 

207

  

((外国人にね

間違い指摘されてんだよ!))

 

208

  

((日本人として

恥ずかしくないわけ!?))

 

209

  

((ありがとう 先生))

 

210

  

♪♪~

 

211

  

((あなたより

ずっと年下かもしれない。→

 

212

  

頼りないかもしれない。

だけど あなたの親代わりなの))

 

213

  

((大切な子供を 犯罪者にする親がどこにいんのよ!))

 

214

  

((ありがとうございました 先生))

 

215

  

♪♪~

 

216

  

((日本語のせいにしないでよ!))

 

217

  

((言葉は口で喋るもんじゃない。→

 

218

  

ここよ。

ここで喋るもんなの!))

 

219

  

(ルカ)

((ありがとうございました 先生))

 

220

  

♪♪~

 

221

  

((文化の違いを知らないせいで

怒らせたりすることもある))

 

222

  

((だけど みんな自分なりに

学びたくて 一生懸命なの!))

 

223

  

((先生 ありがとうございました))

 

224

  

♪♪~

 

225

  

((ハルコ~!!))

 

226

  

((エレーン!あたしの教え子に

手を出すな~!!))

 

227

  

((ありがとうございました 先生))

 

228

  

♪♪~

 

229

  

((人の夢を笑うな!))

 

230

  

((あんたみたいなね 人を見た目で判断するような女に→

 

231

  

ポールのよさなんて

わかんないわよ!))

 

232

  

((ありがとうございました 先生))

 

233

  

♪♪~

 

234

  

((ジャックは 優秀な生徒で

日本語だってペラペラだし→

 

235

  

敬語なんか 得意中の得意だし→

 

236

  

ひょっとしたら 会長さんより

日本人らしいかもしれませんよ))

 

237

  

((ありがとうございました 先生))

 

238

  

♪♪~

 

239

  

((金麗はウチの生徒よ!))

 

240

  

((っていうか あんたみたいな

男がいるからね→

 

241

  

日本人のイメージが

悪くなんのよ!))

 

242

  

((指切り。みんなと一緒に

学校卒業しよう!))

 

243

  

((ありがとう 先生))

 

244

  

♪♪~

 

245

  

 

 

246

  

 

 

247

  

ハルコ先生。

 

248

  

卒業試験なら 無事に終わったよ。

みんな精一杯やったと思う。

 

249

  

そっか…。

Phút 20- Phút 25

250

  

あ 荷物取りに来ただけだから。

すぐ帰るから。

 

251

  

フフフ…生徒達の

言ったとおりでしたね。

 

252

  

ん?

 

253

  

お帰り!

 

254

  

何で?

 

255

  

ハルコが来るような気がしてみんなで待ってました。

 

256

  

テスト一緒に受けてくれてお疲れさま。

 

257

  

…うん。

 

258

  

わたし 信じてた。指切りしたから。

 

259

  

実はね あたしも みんながここに

いるような気がして 来たの。

 

260

  

そうだ!みんなにまだ あたしの

好きな日本語教えてなかったよね。

 

261

  

教えて!

 

262

  

あたしの好きな日本語は

「ありがとう」。

 

263

  

わたしが 高校生の時ね→

 

264

  

校則を破って

学校を退学になりそうになったの。

 

265

  

その時に 担任の先生だった

秋元先生 この学校の校長先生ね。

 

266

  

その先生が あたしのことを

助けてくれたの。

 

267

  

そのお礼として 子供達に

ボランティアで 本を読んであげたの。

 

268

  

その時に

「ありがとう」って言われたの。

 

269

  

すっごく嬉しかった。

 

270

  

こんなあたしでも

誰かの役に立てるんだって→

 

271

  

初めて そう思ったの。

 

272

  

それが 教師を志した

きっかけですか?

うん。

 

273

  

だったら また

先生やればいいじゃない!

 

274

  

ハルコの夢でしょ?

 

275

  

鷹栖先生に全部 聞いたよ。

 

276

  

夢を諦めるのは 勿体ないです。

 

277

  

ハルコ!

ハルコ!

 

278

  

(生徒達)ハルコ!!

 

279

  

♪♪~

 

280

  

あたしね たった3ヵ月だけど→

 

281

  

みんなに「ありがとう」って

言われて→

 

282

  

すっごく嬉しかったよ。

 

283

  

でもそれで 分かったの。

 

284

  

生徒に感謝されるより→

 

285

  

もっと素敵なことが

あるってことに気づいたの。

 

286

  

それはね あなたたち

生徒に出会えたこと。

 

287

  

みんなが あたしの生徒で

本当によかった。

 

288

  

みんなが あたしの

初めての生徒で本当によかった。

 

289

  

一緒に勉強できて本当によかった。

 

290

  

 

 

291

  

教師って こんなに楽しいんだよ。

 

292

  

諦めるなんて やっぱ無理だよ。

 

293

  

ハルコ…。

 

294

  

あたしも夢を諦めない。

 

295

  

いつかきっと ちゃんとした

教師になってみせるから。

 

Phút 25- Phút 30

296

  

それを気づかせてくれたのは

みんなだよ。

 

297

  

これも 一期一会ですね。

 

298

  

うん。

 

299

  

だから 卒業試験の結果が出る前にみんなに言わせてほしい。

 

300

  

みんな わたしの生徒に

なってくれて 本当にありがとう。

 

301

  

(拍手)

 

302

  

≪拍手≫

 

303

  

≪拍手≫

(泣き声)

 

304

  

≪拍手≫

 

305

  

(拍手)

 

306

  

 

 

307

  

♪♪~

 

308

  

で 見つかったんですか?

新しい日本語教師。

 

309

  

うん。もう そろそろ

来ると思うんだけど。

えっ!?

 

310

  

≪おはようございます!≫

 

311

  

(凪子)今日からお世話になります

海野凪子と申します。

 

312

  

海野凪子?

 

313

  

凪子先生は

日本語教師4年のベテランよ。

 

314

  

よかった~今度こそ本命ですね。

フッフッ…。

 

315

  

≪大穴にかけた方が

面白くない?≫

 

316

  

バーカ!

仕事は面白いだけじゃ…。

 

317

  

♪♪~

どうも!大穴です。

 

318

  

ハルコ先生!

ハルコ先生!

 

319

  

どどどどど…どういうことですか

校長先生!!

 

320

  

法務省の確認がとれたのよ。

 

321

  

♪♪~

 

322

  

じゃあ 授業行ってきま~す!

 

323

  

おいおいおい…

俺は許可してないからな!

 

324

  

何 言ってるんですか。

指切りしたじゃないですか。

 

325

  

ねえ!鹿取先生。

わたしは鹿取じゃ…。

 

326

  

鹿取です。ハハ…。

アハハ…。

 

327

  

指切り?

 

328

  

((クラス全員を

卒業させられなかったら→

 

329

  

高校教師を諦めますんで))

 

330

  

((約束だからな。カリスマ先生!))

 

331

  

♪♪~

 

332

  

おはよう!

 

333

  

何だよ またハルコかよ!

 

334

  

っていうか ジャック以外

全員不合格って→

 

335

  

あんたたち どういうことよ!?

 

336

  

ハルコの教え方が

悪かったんじゃないの?

 

337

  

っていうか

ハルコも不合格でしょ?

 

338

  

(笑い)

 

339

  

名前 書き忘れちゃってさ。

 

340

  

遅れて申し訳ありません。

 

341

  

ジャック!

あんた合格したんじゃないの?

 

342

  

水臭いこと言わないで下さいよ。

 

343

  

みんなで卒業しましょうよ。ねえ!

 

344

  

♪♪~

 

345

  

よ~し!今度こそ

全員そろって合格よ!

 

346

  

(生徒達)ハルコ 質問!

 

347

  

どっからでも かかってきなさい!

 

 

 

THÔNG BÁO
Click vào đây đến phiên bản Ver3.0 + Bạn chưa thành viên VIP, vui lòng nâng cấp VIP tại đây

+ Bạn đã là thành viên VIP nhưng không xem được bài học trên trang này, vui lòng thoát ra và đăng nhập lại.

+ Bạn không đăng nhập được vui lòng gởi mail yêu cầu tìm lại User và password đến email của admin: admin@lophoctiengnhat.com

Thống kê online
Thành viên:
0
Khách:
20
Hôm nay:
5649
Hôm qua:
5364
Toàn bộ:
13612384