Xin vui lòng không tắt script để các hiệu ứng của website chạy tốt hơn. Xin cám ơn

 
Tra cứu:
Tên loại bài
Video Nihonjin shiranai Nihongo_ Part 3
Xem bản rút gọn
Hoàn thành:

Phụ đề: (click vào các dòng bên dưới)

Phút 0- Phút 5

1

  

(ハルコ)今日は 自己紹介を

勉強しましょう!

 

2

  

(金麗)じゃあ やってみなさいよ。

何で アンタは→

 

3

  

いつも そうやって

上から目線かな?じゃあ いくよ!

 

4

  

「あたしの名前はハルコです。でも

パルコではありません」。

 

5

  

(カラスの鳴き声)

 

6

  

(ジャック)それの どこが

面白いのですか?

 

7

  

(ボブ)すべってんじゃねぇよ。

(笑い)

 

8

  

ああ すべったわよ!そんな事

言うなら 誰かやってみなさいよ。

(ポール)オヤジギャグを?

 

9

  

自己紹介をです。

≪はい≫

 

10

  

はい。

(ダイアナ)

私はダイアナ・イワノワです。

 

11

  

私は弟と顔が そっくりです。へ~。じゃあ イケメンだ。

 

12

  

弟の名前は?何て言うの?

 

13

  

イワノフ?

イワノワじゃなくて?

 

14

  

ロシア 男と女名字違う。

 

15

  

へ~。座って。

 

16

  

じゃあ 他に名前を使って

自己紹介できる人。はい。

 

17

  

友達の名前 幸福の「福」。

いい名前じゃん。

 

18

  

よくないわよ!だって

日本で社長になっても→

 

19

  

「フク社長!」って

呼ばれるじゃない。

(笑い)

 

20

  

(王)私は「王様」と呼ばれるね!

≪王様≫

 

21

  

あ~名前が「王」だと王様か。

 

22

  

(エレーン)私の親戚には

変な名前の人→

 

23

  

一杯いるよ!お爺さんの名前…。

 

24

  

その妹…。

 

25

  

その友達…。

 

26

  

みんなアホに?変なパンツさん?

(笑い)

 

27

  

皆 笑わないよ!失礼でしょ。

ってか 日本って→

 

28

  

スウェーデンで知られてるの?

全然。日本 野蛮な国。

 

29

  

馬が走っていて 武士が人を

斬ると思ってる。

武士?

 

30

  

でも 私

時代劇 大好き!メ~ン!

 

31

  

アハハ…。それは剣道ね。

うん。渋谷先生に

教えてもらってる。

 

32

  

あ…そう。ってか 日本に来る時

親に反対されなかったの?

 

33

  

大丈夫。武士には魂があって

一般人 斬らないって教えたから。

 

34

  

それで納得する親も親だけどね。

ヨーロッパ 親は子供に

うるさくないよ。

 

35

  

日本に比べ

個人主義ですからね。

ふ~ん いいじゃん。

 

36

  

じゃあ他に 工夫して

自己紹介ができる人?

(マリー)はい。

 

37

  

はい マリー。

 

38

  

おひかえなすって。手前

生国はフランスの国→

 

39

  

パリでござんす。姓はバーキン

名はマリー。またの名を→

 

40

  

緋牡丹のお竜と発します。

ひぼたん?

 

41

  

『緋牡丹博徒シリーズ第三弾の

花札勝負』。

 

42

  

任侠映画の名作じゃありませんか。

何で そんなもの持ってんのよ。

 

43

  

これで日本語 勉強しました。

 

44

  

任侠。親分と子分。

 

45

  

素敵でしょ?

(ルカ)ニンギョウ?

 

46

  

あ…。にんきょう。

ヤクザの事を言うの。

 

47

  

てめぇ シカトすんな。

…そんな怒んなくても。

 

48

  

怒ってません。

マリーは軽い気持ちで→

 

49

  

「話を聞いて」と言いたかった

のではありませんか?

 

50

  

いや だって「シカトすんな」って。

「シカト」は ここから生まれた→

 

51

  

言葉だと本に書いてありました。

(王)何これ?

 

52

  

トランプ?

花札って言うの。

花札?

 

53

  

私の勝ちでござんす。

マリー 素敵!

 

54

  

エレーンも素敵よ。

これは いたみいります。

 

55

  

あ…。マリー ちょっと いいかな。

「姐さん」と呼んでつかぁさい。

 

56

  

う…。呼べません。あのさ マリー

さっき使った→

 

57

  

「シカトすんな」って言葉も

気軽に使う言葉じゃないからね。

 

58

  

水臭いこと お言いでないよ。

 

59

  

姐さん!

切腹!

お寿司!

Phút 5- Phút 10

60

  

(生徒達の話し声)

皆 静かに。調子に乗らないの。

 

61

  

(生徒達の話し声)

 

62

  

てめぇら

シカトしてんじゃねぇよ!

 

63

  

こうやって使うのよ。

 

64

  

♪♪~

 

65

  

マリーのキャラ 強烈だわ。

(鹿取)フランスのお家って

シャトーなんですよね。

 

66

  

え?

お城に住む 本物の

マダムらしいですよ マリーさん。

 

67

  

お城?え?じゃあ

何で あんな金持ちが→

 

68

  

任侠なんかに興味ある訳?

(渋谷)外国人には新鮮なんだよ。

 

69

  

粋で いなせだとか言って。

粋で いなせね~。

 

70

  

あ シカトの由来って

花札だって事 知ってた?

 

71

  

うん 知ってた。

あ…。

 

72

  

え?趣味?

教材です。

 

73

  

これが

シカトの由来になった札です。

その そっぽを向いた鹿の点数は→

 

74

  

十点なんだよ。

 

75

  

それでシカトか?

(鷹栖)それぐらい知っとけよ

ボンクラ。

 

76

  

誰がボンクラよ!

誰がボンクラですか 鷹栖先生。

 

77

  

誰がボンクラですか 鷹栖先生。

 

78

  

昔 賭博場の事を

「盆」って呼んでたんだ。

 

79

  

「盆」に うとい奴。つまり

盆に暗い人間って意味で→

 

80

  

「ボンクラ」だ。頼むから

勉強してくれよ。

 

81

  

カリスマボンクラ先生。

 

82

  

あ 残念。カスでした。

カスが お似合いよ。フン。

 

83

  

んんん…。何か言った ボンクラ?

カスが お似合いよ!

 

84

  

カスって

俺 鷹栖だ…。

 

85

  

この野郎…。

あ ごめんなさい ごめんなさい。

余計なこと言っちゃった。

 

86

  

すいません。

お疲れさん。

 

87

  

(渋谷・鹿取)お疲れ様でした。

フン。

 

88

  

ん…。

 

89

  

あのよろし?

 

90

  

すみません

コニャックくださる?

 

91

  

(花岡)はい?

コニャックください。

 

92

  

置いてないんですよ。

コニャック。

 

93

  

ああ コンニャクね。はい。

 

94

  

マリー マリー。

 

95

  

あなた方 ヤクザですか?

 

96

  

(藤田)ヤクザ?だったら何なんだ

この野郎!え!!

 

97

  

使われなくなった平仮名か…。

(電話の呼出音)

 

98

  

はい。光文学院です。

あ~エレーンさん?

 

99

  

え?ハルコ先生!マリーさんと

エレーンさんが→

 

100

  

ヤクザに囲まれてるって!

ヤクザに?

 

101

  

もしもし 場所わかる…。

警察。

ちょっと ダメ!

 

102

  

え?

警察沙汰になったら

強制送還になっちゃうじゃん。

 

103

  

全員揃って

卒業できなくなっちゃうでしょ?

ハルコ先生…。

 

104

  

そしたら あたし

高校教師になれないじゃん!

自分の心配ですか?

 

105

  

そこ動くなよ。

 

106

  

ちょっと…渋谷先生!

ちょっと 警察に

絶対 連絡しないでよ!

 

107

  

カトリーヌ。

 

108

  

鹿取です。

 

109

  

≪ご馳走さまです≫

≪ご馳走さま≫

 

110

  

む…武者震いするぜ。

こんなもんで

勝てる訳ないでしょ。

 

111

  

相手はヤクザよ。

 

112

  

いらっしゃいませ。

お2人さんですか?

 

113

  

あ どうぞ。どうぞ どうぞ。

…いや いや。

 

114

  

さあ どうぞ。

外国人 2人がいると思う…。

 

115

  

(マリー)ハルコ!

 

116

  

ちょっと…もう

エレーンとマリー。

え?

 

117

  

(マリー)月見で一杯!

気ままなマダムだね~。

 

118

  

先生も どうぞ。

 

119

  

花札の どこが面白いのよ。

日本の美じゃありませんか。

 

120

  

粋で いなせです。

分かってんね~。ほら これがな→

 

121

  

猪鹿蝶だ。

あの この人たちって。

 

122

  

普段はテキ屋やって

しのいでるんですけど→

 

123

  

ヤクザもんですが

暴力団じゃありませんから。

ああ 違うんですね。

Phút 10- Phút 15

124

  

アハハ…。アハ マリー

カスばっかじゃん。

 

125

  

ん~残念。

惜しいな~。これ→

 

126

  

「はちはち」で言やあ

ピカイチなんだけどな。

 

127

  

ピカイチ?

(藤田)ほら 全部カスの中に→

 

128

  

この「光物」って 点の高けぇ札が

入ってんじゃねぇか。→

 

129

  

これをピカイチって言うんだよ。

ピカイチって あのピカイチ?

 

130

  

ええ。一番

優れているという意味です。

ふ~ん。

 

131

  

ピカイチ。素敵な言葉ですね。

 

132

  

あのよろし?

ああ それ「の」じゃなくてね

「か」って読むんだよ。

 

133

  

か?

うん。

上に一本 棒があるでしょ?

 

134

  

今は無くなった

古い平仮名なの。

 

135

  

あかよろし?

そう。明らかに

宜しいっていう意味。

 

136

  

この字 なぜ無くなったのですか?

沢山あって ややこしいから。

 

137

  

昔はね 漢字を元にした平仮名が

一杯あったんだけど。

 

138

  

≪あのね さっきから聞いてるとね

おかしいよ≫

 

139

  

≪「か」は私が≫

≪「か」っていうのは元々→

 

140

  

僕が使ってた「か」なんだから≫

≪「か」は私だ≫

 

141

  

(ピー)

 

142

  

平仮名は 一音につき一字を標準とする。

 

143

  

「か」は…君。

 

144

  

≪やった~!≫

≪それは聞いていない≫

 

145

  

標準から外れた仮名は 以後

「変体がな」と呼ぶ。

 

146

  

≪変体は聞き捨てならぬ≫

≪それで いいんじゃない≫

 

147

  

(ピー)

 

148

  

やかましい!

 

149

  

そうやって

古い平仮名は消えてったの。

 

150

  

古いものは 消えていく

宿命なのかもしれないな。

 

151

  

任侠は ここに

残っているじゃありませんか。

 

152

  

任侠?

この方たちは→

 

153

  

粋で いなせな

ヤクザものです。

 

154

  

おいおい ガイジンさんも

おべんちゃら言うのかよ。

 

155

  

お便所?

(笑い)

 

156

  

(笑い)

 

157

  

何 考えてんだ お前ら!

どこの世界に→

 

158

  

生徒を連れて ヤクザと

花札やる教師がいるんだよ!

 

159

  

生徒は興味が先走って

日本人のように 危険か→

 

160

  

そうでないかの区別が

できないんです。ですから→

 

161

  

私たちが注意してあげないと。

それ過保護過ぎない?

 

162

  

俺たちは 生徒の

日本での身元引受人なんだよ。

 

163

  

教師は親も同然なんだよ!

二度と店に行くなと行っておけ。

 

164

  

分かったな。

 

165

  

言い方がキツイんだよ

鷹栖先生は…。ま 気にすんな。

 

166

  

昔 同じこと言われた。

ん?

 

167

  

教師は親も同然だって…。

 

168

  

(秋元)

((申し訳ありませんでした。本人も

反省しておりますので→

 

169

  

どうか 退学だけは…))

((いいよ。別に→

 

170

  

悪い事したって思ってないし))

((この子が退学になるなら→

 

171

  

私も責任を取って

教師を辞めさせて頂きます))

 

172

  

((いや そこまで言わなくても))

((いえ。教師は→

 

173

  

親も同然だと

私は思っております))

 

174

  

((先生…))

 

175

  

可愛がられてたんだな 校長に。

 

176

  

秋元先生がいなかったら

あたし退学になってたし。

 

177

  

高校教師を目指した

きっかけって…秋元校長だろ。

 

178

  

そうだろ?

うん。

 

179

  

 

 

180

  

ハルコ 今日も

おでん屋さん行きますか?

 

181

  

あのさ…行くなとは

言わないけど→

 

182

  

調子に乗って あんまり

無茶したらダメだからね。

 

183

  

今日は…これを

賭けようと思います。

 

184

  

(ざわめき)

は?

 

185

  

それ いくらですか?

とりあえず1千万円。

 

186

  

(ポール)1千万!?

(王)麻婆豆腐 一生食べられるよ。

 

187

  

俺にくれよ。ちょちょっ…お金を賭けちゃ

ダメなんだってば!

 

188

  

なぜ?パチンコや

競馬はいいでしょ?

 

189

  

それに ギャンブルは

社交界のたしなみです。

 

190

  

フランスでは

そうかもしれないけどね。

 

191

  

アメリカも 一部の州では合法化されてます。

Phút 15- Phút 20

192

  

かもしれないけど!

中国も香港とかマカオはできるよね。

 

193

  

やるなら ベガスかイタリアよ!

 

194

  

カジノはイタリア語。

ロシアもできる!

 

195

  

イギリスだって

ある程度なら オッケーだよ。

 

196

  

(生徒達)そうだよ!

(ボブ)確かに 確かに。

 

197

  

そこまでして やりたいんなら

国に帰ればいいじゃない!

 

198

  

日本では 賭博や博打って言って

お金を賭けたら犯罪になるの!

 

199

  

1回でもやって 警察に

みつかったら 強制送還だからね!

 

200

  

いい?みんな一緒に

卒業したいでしょ。わかった?

 

201

  

(生徒達)はい。

はいじゃあ みんな

席について早く!早く。

 

202

  

ねえ マリー。

 

203

  

お金を賭けてやらないって

あたしと約束できる?

 

204

  

でも 任侠が…。

 

205

  

これは あたしとマリーの

任侠だからね。

 

206

  

わかりました。

 

207

  

 

 

208

  

危なかった。

文化の違いも危険なんです。

 

209

  

まあ 約束したから

大丈夫だと思うけどね。

 

210

  

ハルコ先生!

 

211

  

マリー お金持って

あの店に行ったらしいよ。

 

212

  

うそ!?

わたしも誘われたけど→

 

213

  

剣道あるから断った。

えらい!

 

214

  

も~う 約束したのに!

 

215

  

これ頼む!

(鹿取)えっ 渋谷先生!?

 

216

  

あ~!!

 

217

  

どうしたんだ あいつら?

 

218

  

♪♪~「緋牡丹博徒」

 

219

  

♪~ 娘盛りを

 

220

  

♪♪~「緋牡丹博徒」

 

221

  

ねえ おじさん。この間の人たちの

事務所って言うの?

 

222

  

どこにあるか知らない?

 

223

  

行かないだろ

ヤクザの事務所には。

 

224

  

危険な場所だと思ってないかも

しれないでしょ!

 

225

  

放っとけばいいじゃないですか。

子供じゃあるまいし。

 

226

  

子供なの!あたしは

マリーの親なの。責任があるの。

 

227

  

知ってるなら教えてよ おじさん。

 

228

  

ちょちょちょ…ここ ここ ここ!

 

229

  

ほらっ!早く行ってみなさいよ。

 

230

  

♪♪~

 

231

  

マリー!

(マリー)ハルコ!?

 

232

  

これって?

 

233

  

今 5百万 負けています。

 

234

  

5百万!?

 

235

  

帰ろう。

(藤田)待てよ。

 

236

  

お金は払いません!

(藤田)何?

 

237

  

待って。

 

238

  

約束したよね?

あたしと指切りしたよね?

 

239

  

絶対 お金は賭けないって。

 

240

  

信じてたんだぞ ハルコ先生。

それを君は裏切ったんだ。

 

241

  

ねえマリー あたしね あなたより

ずっと年下かもしれない。

 

242

  

頼りないかもしれない。

だけど あなたの親代わりなの。

 

243

  

大切な子供を 犯罪者にしたい親が

どこにいんのよ!

 

244

  

ハルコ…。

 

245

  

帰ろう。

でも…お金を

お支払いしなければ。

 

246

  

そんなの払わなくていいのよ!

Phút 20- Phút 25

247

  

(藤田)勝手なこと

言ってんじゃねえぞ!

 

248

  

これのどこが任侠よ!

ただのチンピラじゃない!

 

249

  

何だ こらっ!!

 

250

  

喧嘩はおやめ!

 

251

  

花札でケリをつけましょう!

 

252

  

え?

はっ?

 

253

  

それで よろしゅうござんすね。

 

254

  

あぁ。

 

255

  

上等よ!やってやろうじゃないの。

 

256

  

俺!?

 

257

  

よし 三光です!

 

258

  

やるな兄ちゃん。こいこいか?

 

259

  

いえ あがっときます。

 

260

  

勝ったの?

取り合えずね。

 

261

  

日本語教師 舐めたらいかんぜよ!

 

262

  

いかんぜよ!

いかんぜよ…。

 

263

  

マリー。

 

264

  

「こいこい」って何?

 

265

  

勝負を続けるってこと。

 

266

  

点数たくさんもらえます。

オッケー オッケー!

 

267

  

なんで行かせたんですか?

 

268

  

何にもありゃしませんよ。わたしは

信じてますから あの連中を。

 

269

  

うちの教師も

生徒のことを信じてますよ。

 

270

  

だったら心配すること…。

だから 心配なんです。

 

271

  

もし生徒に何かあったら

相手がヤクザだろうが→

 

272

  

向かっていきますよ

あのバカ女は。

 

273

  

はっはは…。

 

274

  

よし 赤短!

こいこいよ!

 

275

  

こいこい!

いやいや…いや違う違う。

 

276

  

花見酒に月見酒。倍付けだな。

 

277

  

全然わかんないのに

こいこいしちゃ ダメなんだって!

 

278

  

ドンマイ!ドンマイ!!ほら

ガンガン攻めていきましょうよ!

 

279

  

こいこい!

こいこい!

 

280

  

こいこい!

こいこい!

いやいや…。

 

281

  

こいこい?

こいこい?

 

282

  

こいこい…。

こいこい…。

 

283

  

(藤田)五光 決まりだな。

 

284

  

無くなっちゃったよ。

 

285

  

こいこい し過ぎなんだもん。

 

286

  

(藤田)

5百万があっという間に1千万だ。

 

287

  

どうする?身体で

払ってくれてもいいんだぞ。

 

288

  

えっ!!マグロ漁船に

乗れって言うんですか!?

 

289

  

おめぇじゃねぇよ。

堪忍してください。

 

290

  

おめぇでもねぇよ。

そっちの姉ちゃんに言ってんだよ。

 

291

  

いやいや…あたしよりもね

いい女がいるんですよ!

 

292

  

カトリーヌっていうんですけど。

おい!

 

293

  

(藤田)外国人か?

日本人です。

 

294

  

この女を風呂に沈めろ。

へい。

へい。

 

295

  

いやっ ちょっ…

ちょっと待って 待って!やめて!

 

296

  

ちょっ ちょっと…。

 

297

  

これドスですか?

 

298

  

ちょ…そんなもんに 興味持ってる

場合じゃないでしょ!

 

299

  

1千万払うのか 払わねぇのか

どっちだい!

 

300

  

♪♪~

 

301

  

(ドアが開く音)

 

302

  

1千万払うのか 払わねぇのか

どっちだい!

 

303

  

(ドアが開く音)

 

304

  

おじさん…。

 

305

  

(藤田)

いや これは その あの…。

 

306

  

このボンクラが!!

 

307

  

 

 

308

  

鷹栖先生!?

 

309

  

その人は 花岡組の組長さんだ。

 

310

  

組長!?

組長!?

 

311

  

ヤクザの親分ですか?

 

312

  

あぁ そうです。

このボンクラどもの親です。

 

313

  

あなたも不器用ですか?

えっ?

 

314

  

いや 健さんじゃないから。

 

315

  

ご迷惑をおかけして

申し訳ありませんでした。

 

316

  

(藤田)組長!

てめぇ達は黙ってろ!

 

317

  

親にかわってお詫び申し上げます。

 

318

  

どうか この老いぼれに免じて

勘弁してやってください。

 

319

  

(秋元)

((教師は 親も同然だと

わたしは思っております))

 

320

  

ハルコ…。

マリーは黙ってて。

 

321

  

うちの生徒が迷惑をかけて

申し訳ございませんでした。

Phút 25- Phút 30

322

  

♪♪~

 

323

  

もっと早く言うべきでした。

 

324

  

ん?

 

325

  

わたし お金は賭けてません。

 

326

  

何 言ってんのよ 今さら。

 

327

  

(藤田)いや ホントなんす。

実は姐さん→

 

328

  

先生と約束されたそうで→

 

329

  

だったら せめて

気分だけでも味わいてぇって→

 

330

  

バイト代もくれるっていうんで。

 

331

  

みなさん 映画みたいに

やってくれました。

 

332

  

えっ!?

えっ!?

 

333

  

マリー!

 

334

  

約束は守ります。

 

335

  

ハルコとわたしの任侠でしょ?

 

336

  

もう。

 

337

  

(花岡)みなさんをお見送りしろ。

 

338

  

(藤田達)へい!

 

339

  

帰るぞ。

はい。

 

340

  

(花岡)先生…。

 

341

  

お互いに精進しましょうね。

 

342

  

親として。

 

343

  

はい。

 

344

  

どうして花岡さんが組長だって

わかったんですか?

 

345

  

昔 ちょっと揉めてな。

 

346

  

え?ヤクザだったの!?

誰がだ バカ!

 

347

  

日本語教師やってるとな

色々あるんだよ。

 

348

  

(マリー)花岡さんのような方

大勢いますか?

 

349

  

昔はいたけどね

今はもういねぇな。

 

350

  

古き良き日本 もう無いのですか?

 

351

  

あっ…。ちょっとマリー

ちょっと こっち来て。

 

352

  

マリー この字

何て読むか分かる?

 

353

  

う…?

何ですか この字は?

 

354

  

う・な・ぎ。

 

355

  

「な」は 古い平仮名で

書かれてるの。

 

356

  

「な」?

 

357

  

こうやって 古いものも

ちゃ~んと生き残ってるの。

 

358

  

うなぎ 食べたいですね。

 

359

  

はぁ そっち?

 

360

  

よし うなぎ食いに行くぞ!

 

361

  

え!おごってくれんの?

 

362

  

迷惑かけた オメエのおごりに

決まってんだろ バカ!

 

363

  

な~んでよ!

ごちそうさま。

 

364

  

はぁ?

 

365

  

ハルコ。

ん?

 

366

  

今日のハルコは

ピカイチでした。

 

367

  

♪♪~

 

368

  

ありがとうございました 先生。

 

369

  

♪♪~

 

370

  

もうこれで懲りたでしょ?

 

371

  

はい。

 

372

  

お~い!早くしろよ!

 

373

  

わかったわよ!

 

374

  

本当にうるさいな。

マリー ちょっとおごってよ。

 

375

  

(鹿取)勝手に わたしをヤクザに

差し出さないでください。

 

376

  

いいじゃん。あの時ね

本気で渋谷 怒ってたよ。

 

377

  

脈あんじゃないの?

いや そんなことはないけど…。

 

378

  

(マリー)ご托 並べてんじゃねぇ!

 

379

  

ザコは引っ込んでろ!

ちょこざいな!

 

380

  

ここでケリつけてやる!

 

381

  

彼女 もう懲りたんじゃ?

 

382

  

(エレーン)チンチロリンか!

 

383

  

先生に怒られても

ケツまくんなよ!

 

384

  

御意。

 

385

  

(マリー)いかさまは なしだぜ!

 

386

  

(エレーン)拙者が負けるわけ

ないでござろう!

 

387

  

聞こえん 聞こえん。

何にも聞こえないよ~!

 

388

  

♪♪~

THÔNG BÁO
Click vào đây đến phiên bản Ver3.0 + Bạn chưa thành viên VIP, vui lòng nâng cấp VIP tại đây

+ Bạn đã là thành viên VIP nhưng không xem được bài học trên trang này, vui lòng thoát ra và đăng nhập lại.

+ Bạn không đăng nhập được vui lòng gởi mail yêu cầu tìm lại User và password đến email của admin: admin@lophoctiengnhat.com

Thống kê online
Thành viên:
0
Khách:
35
Hôm nay:
5515
Hôm qua:
5856
Toàn bộ:
12638074